永久脱毛でメリットや短所、口コミ情報他注意事項について解説します。

脱毛剤の種類と効果とは?

スポンサードリンク

ムダ毛の処理方法にもさまざまものがあります。一般的なものだけでも、かみそりで剃る方法、毛抜きで抜く方法、脱毛クリームやテープ、ジェル、ワックスなどがあります。このうち、ムダ毛を毛根から抜き取るのは脱毛、皮膚から出ている毛のみを取り除くことを除毛といいます。除毛剤は脱毛剤のひとつに数えられることが多いですが、実際は「除毛」で毛根からムダ毛を取り除くわけではありません。

 毛根からムダ毛を取り除く脱毛にしても、皮膚表面のムダ毛を取り除く除毛にしても、自宅で気軽に使用できる「脱毛剤」はとても人気があります。医療機関やエステサロンで脱毛するより、ずっと安く済むのも魅力のひとつでしょう。ただ、注意しなくてはならないのが、脱毛剤によるかぶれや肌荒れ。実際、それほど肌が弱くなくても、脱毛剤でかぶれた経験を持つ人は少なくないと思います。これは、人の皮膚が弱酸性でできているためで、アルカリ性の脱毛剤は肌に大きな負担となるのです。傷がある場合は、強い痛みをともなう炎症を引き起こしてしまうことも。

 炎症を引き起こしてまで試みたムダ毛処理。永久脱毛のような永続性は期待しないまでも、面倒なムダ毛処理の間隔は少しでも長いほうがいい。誰しもそう思うでしょう。しかし、ムダ毛は無情にも生えてきます。そのうえ除毛剤は表面に出ている毛だけを溶かし、毛穴までは薬剤が入り込みにくいという特性があります。永久脱毛で毛根を絶やさないかぎり、あっという間に生えてきてしまいます。そうした煩わしさから解放されたい、より多くのムダ毛を溶かしたいと考える人が打つ手は、商品に記載されている放置時間を自己判断で延長すること。多少は効果があるかもしれませんが、たいていは肌を傷めるだけに終わります。

 たくさんのクリームを使っても、放置時間を長くしても、毛根まで溶かすことはできません。それで得られるのは、取り返しのつかない肌のダメージだけということも。そうした悲劇を回避するには、やはり自分に合う脱毛剤を選ぶことが重要です。そして、初めて使う脱毛剤の場合は、目立たない部分でパッチテストを行うのがベストです。人目に触れる部分だからこそ行う脱毛処理。その脱毛処理で失敗しては元も子もありません。くれぐれも後悔しないように、万全の準備をもってトライしましょう。

スポンサードリンク

関連記事

  1. 脱毛ワックスとテープ、そのメリットとデメリットとは?
  2. 脱毛クリームの実態は除毛クリーム?

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 脱毛剤の種類と効果とは?

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.isejin.info/mtos/mt-tb.cgi/27



TOPPAGE  TOP 
RSS2.0