永久脱毛でメリットや短所、口コミ情報他注意事項について解説します。

永久脱毛の種類と施術施設はどのように選ぶの?

スポンサードリンク

機器を用いたより専門的な脱毛、いわゆる永久脱毛を検討するにあたり、選択肢として考えられるのはエステサロンかクリニックでしょう。ひと口に永久脱毛といっても、エステサロンとクリニックでは大きく異なります。まず気をつけなければならないのは、エステサロンとクリニックの脱毛はまったく別物だということ。ここではその違いや、メリット・デメリットについて詳しくお話ししてきます。

 まずはエステサロンの脱毛ですが、「永久脱毛」「ビューティー脱毛」のように各サロンで独自の名前を採用していても、基本的に大きな違いはありません。ただ、注意しなければならないのは、光脱毛とレーザー脱毛の違い。どちらも永久的な効果が期待され、言葉から受ける印象もあまり差がないように感じられますが、実は内容は少々異なります。

 光脱毛は「IPL(Intense Pulse Light)脱毛」や「フラッシュ脱毛」とも呼ばれ、強烈な光による脱毛法です。レーザー脱毛より弱い光を使うと考えられがちですが、最高出力自体はかなり大きく、決して弱い光を使っているわけではありません。光脱毛はもともと、医師が不在で医療用レーザーを使用できないエステにおいて、永久脱毛と銘打たれることが多いレーザー脱毛に対抗できる機器として開発が進みました。

 となると、レーザー脱毛は歴史があるようですが、実はレーザー脱毛も特別歴史が長いわけではないのです。レーザー脱毛が誕生したのは90年代の半ばで、製品化してから10数年しか経っていません。レーザー脱毛は文字通りレーザーを用いた脱毛方法で、皮膚深くの毛母や毛乳頭に作用するように調整されています。毛の生える周期に合わせてレーザーを照射し、ムダ毛のもととなる毛乳頭を焼き切るので、永久的な効果が期待できるとされます。

 永久的な効果が期待できるレーザー脱毛は人気が高く、エステや脱毛専用サロンのほか、美容外科などの医療機関でも施術を行っています。脱毛専門サロンでは、脱毛箇所を細かく指定できることが少なくありません。また、他店と異なる機器を導入して、他店との差別化を図るサロンも多いようです。

 一方、医療機関で用いられる機器は高出力のものが多く、エステなどに比べて脱毛の施術回数が少なくて済む傾向にあります。高出力の機器を用いるため、永久脱毛という謳い文句に負けない効果が期待できます。手軽なエステもいいですが、医療機関で有資格者に施術してもらえるというのは、安心感の面でもプラスですね。

スポンサードリンク

関連記事

  1. 脇毛の脱毛処理

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 永久脱毛の種類と施術施設はどのように選ぶの?

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.isejin.info/mtos/mt-tb.cgi/37



TOPPAGE  TOP 
RSS2.0