永久脱毛でメリットや短所、口コミ情報他注意事項について解説します。

脱毛ワックスとテープ、そのメリットとデメリットとは?

スポンサードリンク

脱毛剤のなかでも比較的効果が高く、「抜けた!」という爽快感が高いのが、脱毛ワックスや脱毛テープでしょうか。脱毛ワックスは、粘度の高い液体を温めて脱毛したい部分に塗り、一定時間放置して固まったら一気に剥がすというものです。脱毛ワックスの利点は、根元から一気に抜けることでしょう。脱毛クリームのように、根元が残ってしまうこともありません。広範囲の毛を一度に抜き取ることができるので、太さや長さのある毛を一気に抜くことができるのも魅力です。ただ、脱毛ワックスも根元から抜くことはできても、

毛根部まで抜けるわけではありません。しばらくするとまた毛が生えてきてしまいます。加えて、脱毛ワックスや脱毛テープは、よりいっそうの効果を期待して勢いをつけて剥がすので、しばしば強い痛みを伴います。強い痛みを伴うということは、その分だけ肌への負担も大きく、ムダ毛や古い角質だけを取ったつもりが、皮膚そのものが剥落してしまっているということも。

 脱毛ワックスの痛みは慣れてくればあまり感じなくなるようですが、脱毛テープの痛みはいつまでも慣れることができないと感じる方も多いようです。脱毛テープは剥がす際に肌を傷つけてしまう可能性があり、毛抜きを使ったときのとうに赤くなったり、かぶれたり、腫れたりすることも少なくありません。さらに、短い毛の場合はなかなか上手く抜けないこともあります。そのため、脱毛テープを使う場合は、ある程度毛を伸ばさなくてはならないのですが、それでは肌表面の美観を保つことを目的とする脱毛の意味が薄れてしまいます。

 また、脱毛ワックスや脱毛テープも、脱毛クリームや毛抜きなどの方法と同様に、いわゆる埋没毛という症状を引き起こしてしまう危険性があります。埋没毛とは、本来肌の表面に出てくるべき毛が皮膚の下で成長してしまう症状で、毛の生え方が不均一なところや、肌の伸縮が大きい部位で起きやすいようです。このような点からも、脱毛ワックスや脱毛テープは時間がない場合の一時的な措置としては有効ですが、日常的に利用することはあまりおススメできません。

 それでも利用する必要がある場合は、薬品をまったく使っていない脱毛ワックスを選ぶといいでしょう。こうしたワックスは強力な粘度を利用して脱毛処理を行うので、薬品がたくさん含まれるワックスより肌にやさしいです。肌の弱い人や、薬品かぶれを起こしやすい人はもちろん、特別肌が弱くない方も長い目で見れば、より天然に近い製品を選んだほうがいいかもしれません。

スポンサードリンク

関連記事

  1. 脱毛クリームの実態は除毛クリーム?
  2. 脱毛剤の種類と効果とは?

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 脱毛ワックスとテープ、そのメリットとデメリットとは?

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.isejin.info/mtos/mt-tb.cgi/35



TOPPAGE  TOP 
RSS2.0