永久脱毛でメリットや短所、口コミ情報他注意事項について解説します。

脱毛クリームの実態は除毛クリーム?

スポンサードリンク

脱毛剤にもジェルやクリームなどの種類があり、ドラッグストアなどで手に入れることができますが、そのなかでも特に目に入るのは脱毛クリームでしょう。一種の化学反応を利用して毛を溶かす脱毛剤は、厳密にいえば除毛剤になりますが、脱毛剤のひとつとして扱われることも多いようです。

 脱毛クリームは手軽で安価。そのうえ痛みもないとなったら、利用しない手はありません。肌にクリームを塗り、あとはしばらく放置して、洗い流すか拭き取るだけです。こうした手軽さから、多くの方が脱毛クリームを利用しています。ただ、脱毛クリームは肌表面に出ている毛を溶かすだけなので、毛根までは処理できません。こうした点が前述のような「厳密にいえば除毛剤」になるわけです。最近は、毛根まで除去してしまう完全脱毛クリームと称する商品も市販されているようですが、現在はまだ肌表面の毛のみを除去する脱毛クリームのほうが一般的です。

 脱毛クリームを利用する際に注意が必要なのは、脱毛クリームで毛を溶かすと、いわゆる埋没毛という症状を引き起こしてしまう危険性があるということです。埋没毛とは、本来肌の表面に出てくるべき毛が皮膚の下で成長してしまう症状です。

 脱毛クリームは毛のみを溶かすものですが、実は肌に相当な負担がかかっています。肌の弱い人はもちろん、肌の強い人でもかぶれたり炎症を起こしたりすることも。かぶれや炎症が心配な場合は、ハーブや天然成分で作られた脱毛クリームを使うといいかもしれません。最近流行っているのは、豆乳やパイナップルなどの天然成分だけを使用したもので、高い保湿効果を期待できるなどの利点があります。

しかし、天然系の脱毛剤は肌にやさしい反面、化学系の薬剤に比べると除毛効果が穏やかです。一度で強い効果を期待することは難しく、なかにはまったく効果が感じられない製品もありますが、肌へのやさしさを第一に考えるのであれば、やはり天然系の脱毛クリームのほうが安心でしょう。それでも初めて使う脱毛クリームの場合は、二の腕の内側などの目立たない部分でテストしてみると安心です。

スポンサードリンク

関連記事

  1. 脱毛ワックスとテープ、そのメリットとデメリットとは?
  2. 脱毛剤の種類と効果とは?

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 脱毛クリームの実態は除毛クリーム?

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.isejin.info/mtos/mt-tb.cgi/28



TOPPAGE  TOP 
RSS2.0