永久脱毛でメリットや短所、口コミ情報他注意事項について解説します。

脇毛の脱毛

脇毛の永久脱毛には肌にやさしい方法を選ぶ

自宅での脱毛処理に嫌気がさしたとき、ふと頭に浮かぶのは永久脱毛です。日々のこの労力を考えたら、永久脱毛を受けたほうがトータル的におトクなのではないか。一時的にはやや大きな出費だとしても、いま永久脱毛を受ければ、脱毛処理にかかる一生分の手間隙を節約できるかもしれない――。たしかにその通りでしょう。永久脱毛では毛根から破壊してしまうので、一度破壊すれば目立った毛が生えてくることはありません。

脇毛 永久 脱毛

 濃く太い毛は処理しづらく、処理後でも毛穴が開いたままで目立ってしまうことがあります。その点、毛根から破壊する永久脱毛は処置後に毛穴が縮小されるため、脇毛のように濃く太い毛は特に向いているといえます。

 永久脱毛と呼ばれるものにもいくつか種類がありますが、最も一般的なのはレーザー光を照射するレーザー脱毛です。永久脱毛のレーザーは黒色にのみ反応するという特性があり、人体には無害です。また、そうした特性を生かして黒い毛根にのみ照射するので、かみそりや脱毛ワックスのように、いたずらに肌を傷めることもありません。脇の下の脱毛にレーザー永久脱毛を活用しない手はないでしょう。

 脇の下の永久脱毛で心配なのは、本当に「永久」なのかということ。レーザー永久脱毛では、半永久的な効果が期待できるまで数度にわたってレーザーを照射します。それによって毛根が破壊され、半永久的な脱毛効果が期待できるのです。この効果は脇のように濃く太い毛がある部位でも同じです。たしかに、かみそりや脱毛ワックスでの脱毛は気軽で安価ですが、どうしても肌を傷めてしまいます。一度レーザー永久脱毛を受けてしまえば、その後は脱毛処理で肌を傷めることもありません。

 もし脇の永久脱毛を受けようと決めたのであれば、次はどこで受けるかです。脱毛専門サロン、脱毛を扱っているエステ、美容外科などの医療機関があります。専門の医療機関では医師や看護師から施術を受けることができるので安心です。なかには、レーザー脱毛士など脱毛関係の資格を持っている人もいます。

 しかし、どのような機関であっても、トラブルの可能性はゼロとは言えません。万が一に備えて、トラブル発生時の補償内容も確認しておいたほうがいいでしょう。もしそこで補償内容を明らかにすることに躊躇する様子がみられたら黄色信号。補償制度に不備があるか、過去にも同じようなトラブルを起こしている可能性があります。心配なときはネットなどで情報収集をし、場合によっては他の施術機関に変更しましょう。


脇毛の脱毛方法のメリットとデメリット

自宅での脱毛方法にも、さまざまな種類があります。最も一般的なのはかみそりですが、そのほかにも電気シェーバーや毛抜き、脱毛クリーム、脱毛ワックス、脱毛テープなど、それぞれの好みによって使い分けられています。

 このなかでも脇毛の脱毛処理によく使われるのは、かみそり、電気シェーバー、毛抜きでしょう。これらの方法は手軽で経済的です。毛抜きでの脱毛処理は、なめらかな仕上がりが期待できる半面、炎症を起こしやすいという欠点もあります。また、一度に処理できる本数が極めて少ないことから、毛抜きという脱毛方法が向いているのは、もともと脇毛が薄い場合に限られるかもしれません。ムダ毛用の脱色剤も、もともと脇毛が薄い場合に限られるでしょう。一定以上の量がある場合はやはり、かみそりや電気シェーバーといった方法が効率的です。

 しかし、どのような脱毛方法を用いても、なかなか納得がいかないのが脇毛です。脇毛は他のムダ毛より濃く太く、生えている方向も一定ではありません。上下左右、どの方向からどの方法で処理しても、必ず何本か残ってしまいます。脱毛具合を確かめようと処理後に触ったら最後。かすかにジョリジョリした感触に気づいて、深くため息をついてしまうこともあるでしょう。

 最近では、ヘッドを変えるだけで足・ウデ用、ワキ用などと切り替えられるマルチな脱毛器も出回っています。脱毛器の欠点は、脇毛にしろすね毛にしろ、ある程度伸ばさないと使えないというところでしょうか。脱毛器は肌表面に出ている毛をつまんで引き抜くという方法であるため、ある程度長さがないとつまめません。また、次々とムダ毛を引き抜いていくので、独特の痛みに慣れるまでは少々苦痛がともなうかもしれません。

 以上のように、脇毛を処理する方法は種々ありますが、やはりどの方法も多かれ少なかれ肌に負担がかかってしまいます。肌への負担を最低限に留めるにも、脱毛処理後は適切な方法でケアするよう心がけましょう。



Page: 1

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0