永久脱毛でメリットや短所、口コミ情報他注意事項について解説します。

脱毛剤の種類

脱毛ワックスとテープ、そのメリットとデメリットとは?

脱毛剤のなかでも比較的効果が高く、「抜けた!」という爽快感が高いのが、脱毛ワックスや脱毛テープでしょうか。脱毛ワックスは、粘度の高い液体を温めて脱毛したい部分に塗り、一定時間放置して固まったら一気に剥がすというものです。脱毛ワックスの利点は、根元から一気に抜けることでしょう。脱毛クリームのように、根元が残ってしまうこともありません。広範囲の毛を一度に抜き取ることができるので、太さや長さのある毛を一気に抜くことができるのも魅力です。ただ、脱毛ワックスも根元から抜くことはできても、

毛根部まで抜けるわけではありません。しばらくするとまた毛が生えてきてしまいます。加えて、脱毛ワックスや脱毛テープは、よりいっそうの効果を期待して勢いをつけて剥がすので、しばしば強い痛みを伴います。強い痛みを伴うということは、その分だけ肌への負担も大きく、ムダ毛や古い角質だけを取ったつもりが、皮膚そのものが剥落してしまっているということも。

 脱毛ワックスの痛みは慣れてくればあまり感じなくなるようですが、脱毛テープの痛みはいつまでも慣れることができないと感じる方も多いようです。脱毛テープは剥がす際に肌を傷つけてしまう可能性があり、毛抜きを使ったときのとうに赤くなったり、かぶれたり、腫れたりすることも少なくありません。さらに、短い毛の場合はなかなか上手く抜けないこともあります。そのため、脱毛テープを使う場合は、ある程度毛を伸ばさなくてはならないのですが、それでは肌表面の美観を保つことを目的とする脱毛の意味が薄れてしまいます。

 また、脱毛ワックスや脱毛テープも、脱毛クリームや毛抜きなどの方法と同様に、いわゆる埋没毛という症状を引き起こしてしまう危険性があります。埋没毛とは、本来肌の表面に出てくるべき毛が皮膚の下で成長してしまう症状で、毛の生え方が不均一なところや、肌の伸縮が大きい部位で起きやすいようです。このような点からも、脱毛ワックスや脱毛テープは時間がない場合の一時的な措置としては有効ですが、日常的に利用することはあまりおススメできません。

 それでも利用する必要がある場合は、薬品をまったく使っていない脱毛ワックスを選ぶといいでしょう。こうしたワックスは強力な粘度を利用して脱毛処理を行うので、薬品がたくさん含まれるワックスより肌にやさしいです。肌の弱い人や、薬品かぶれを起こしやすい人はもちろん、特別肌が弱くない方も長い目で見れば、より天然に近い製品を選んだほうがいいかもしれません。


脱毛クリームの実態は除毛クリーム?

脱毛剤にもジェルやクリームなどの種類があり、ドラッグストアなどで手に入れることができますが、そのなかでも特に目に入るのは脱毛クリームでしょう。一種の化学反応を利用して毛を溶かす脱毛剤は、厳密にいえば除毛剤になりますが、脱毛剤のひとつとして扱われることも多いようです。

 脱毛クリームは手軽で安価。そのうえ痛みもないとなったら、利用しない手はありません。肌にクリームを塗り、あとはしばらく放置して、洗い流すか拭き取るだけです。こうした手軽さから、多くの方が脱毛クリームを利用しています。ただ、脱毛クリームは肌表面に出ている毛を溶かすだけなので、毛根までは処理できません。こうした点が前述のような「厳密にいえば除毛剤」になるわけです。最近は、毛根まで除去してしまう完全脱毛クリームと称する商品も市販されているようですが、現在はまだ肌表面の毛のみを除去する脱毛クリームのほうが一般的です。

 脱毛クリームを利用する際に注意が必要なのは、脱毛クリームで毛を溶かすと、いわゆる埋没毛という症状を引き起こしてしまう危険性があるということです。埋没毛とは、本来肌の表面に出てくるべき毛が皮膚の下で成長してしまう症状です。

 脱毛クリームは毛のみを溶かすものですが、実は肌に相当な負担がかかっています。肌の弱い人はもちろん、肌の強い人でもかぶれたり炎症を起こしたりすることも。かぶれや炎症が心配な場合は、ハーブや天然成分で作られた脱毛クリームを使うといいかもしれません。最近流行っているのは、豆乳やパイナップルなどの天然成分だけを使用したもので、高い保湿効果を期待できるなどの利点があります。

しかし、天然系の脱毛剤は肌にやさしい反面、化学系の薬剤に比べると除毛効果が穏やかです。一度で強い効果を期待することは難しく、なかにはまったく効果が感じられない製品もありますが、肌へのやさしさを第一に考えるのであれば、やはり天然系の脱毛クリームのほうが安心でしょう。それでも初めて使う脱毛クリームの場合は、二の腕の内側などの目立たない部分でテストしてみると安心です。


脱毛剤の種類と効果とは?

ムダ毛の処理方法にもさまざまものがあります。一般的なものだけでも、かみそりで剃る方法、毛抜きで抜く方法、脱毛クリームやテープ、ジェル、ワックスなどがあります。このうち、ムダ毛を毛根から抜き取るのは脱毛、皮膚から出ている毛のみを取り除くことを除毛といいます。除毛剤は脱毛剤のひとつに数えられることが多いですが、実際は「除毛」で毛根からムダ毛を取り除くわけではありません。

 毛根からムダ毛を取り除く脱毛にしても、皮膚表面のムダ毛を取り除く除毛にしても、自宅で気軽に使用できる「脱毛剤」はとても人気があります。医療機関やエステサロンで脱毛するより、ずっと安く済むのも魅力のひとつでしょう。ただ、注意しなくてはならないのが、脱毛剤によるかぶれや肌荒れ。実際、それほど肌が弱くなくても、脱毛剤でかぶれた経験を持つ人は少なくないと思います。これは、人の皮膚が弱酸性でできているためで、アルカリ性の脱毛剤は肌に大きな負担となるのです。傷がある場合は、強い痛みをともなう炎症を引き起こしてしまうことも。

 炎症を引き起こしてまで試みたムダ毛処理。永久脱毛のような永続性は期待しないまでも、面倒なムダ毛処理の間隔は少しでも長いほうがいい。誰しもそう思うでしょう。しかし、ムダ毛は無情にも生えてきます。そのうえ除毛剤は表面に出ている毛だけを溶かし、毛穴までは薬剤が入り込みにくいという特性があります。永久脱毛で毛根を絶やさないかぎり、あっという間に生えてきてしまいます。そうした煩わしさから解放されたい、より多くのムダ毛を溶かしたいと考える人が打つ手は、商品に記載されている放置時間を自己判断で延長すること。多少は効果があるかもしれませんが、たいていは肌を傷めるだけに終わります。

 たくさんのクリームを使っても、放置時間を長くしても、毛根まで溶かすことはできません。それで得られるのは、取り返しのつかない肌のダメージだけということも。そうした悲劇を回避するには、やはり自分に合う脱毛剤を選ぶことが重要です。そして、初めて使う脱毛剤の場合は、目立たない部分でパッチテストを行うのがベストです。人目に触れる部分だからこそ行う脱毛処理。その脱毛処理で失敗しては元も子もありません。くれぐれも後悔しないように、万全の準備をもってトライしましょう。



Page: 1

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0